ブログ

パニック障害の症状をチェック!

パニック女性の画像
【この記事を書いた人】横浜のクラシカルホメオパス山田千鶴子。10年苦しんだパニック障害がホメオパシーで完治。2010年よりホメオパス。心身の問題に悩む多くのクライアントさんをサポートする。詳しいプロフィールはこちら→プロフィール

パニック障害の症状

自分、ちょっとヘン?

もしかしてパニック障害なの??

と思っているあなた、インターネットとかでチェックしますよね。
そうすると、だいたい以下の感じの症状が出てきます。

  • 心臓ドキドキ
  • 冷や汗が出る
  • 心臓が本当に止まりそう
  • 体が震える
  • 息ができない
  • のどが詰まった感じで窒息しそう
  • 胸が痛い
  • 胸に不快感
  • 吐き気
  • めまい
  • お腹が変になる
  • ざーっと血圧がさがって気が遠くなる感じ
  • 自分が自分でなくなる感じ
  • 気がくるってしまいそう
  • 今にも死にそうな恐れ
  • 急に寒くなったり熱くなったり

どれかあてはまりますか?

厳密には、上に書いたような中の4つ以上の特定の症状が、10分以内にピークに達する……などの定義があるようです。

たくさんある不安関係の病気

けれども、パニック障害、不安神経症、過敏性腸症候群、広場恐怖症、不安症、社会不安症、対人恐怖、視線恐怖などなど……不安や恐れに関する病名はたくさんあります。

オーバーラップするところもあって、正直わかりにくい……

私は自分自身、パニックで10年苦しみ、それがクラシカルホメオパシーという補完療法で劇的改善をしたので(薬機法を脇において正直に言ってしまうと治ったので)、このホームページでご紹介をしています。

私が考えるパニック障害

ただし、ホメオパシーは医療ではありませんし、ホメオパス(ホメオパシーのアドバイスをする人のこと)がすることは、医療行為でも治療でもありません。

ですので、何をパニック障害とよぶかという定義は、私はあまり重要だとは思っていません。

自分ではコントールできない、激しく苦しい症状に見舞われる。

またそれがいつ襲ってくるかと思うと、不安がつのって日常生活に制限がかかっている状態。

私はこれをまとめてパニック障害とよんでいます。

 

 

というのも、クラシカルホメオパシーは、「病名」ではなく「症状」を根拠としてクライアントさんをサポートするものなので、それで十分だからです。

症状がなんでも、程度が重くても軽くても、今、人知れず苦しい思いをしている方が、少しでも日々の生活が楽になればいいな……という気持ちでこのブログを書いています。

 

早めの対処がおすすめです

ホメオパシーのセミナーで、自分のパニックの経験を話すことがあります。

そうすると、その場に必ずといっていいほど「実は私もそうです。。」という方が一人いらっしゃいます。

 

今まで誰にも言ったことなかったけど、実はそれで悩んでいます。。と。

 

私も誰にも言わず、一人で10年がんばっていたのでお気持ちわかります。

 

 

ただ、パニックをがまんしていると、「またなったらどうしよう。」という予期不安が拡大します。

 

そうすると、行けない場所が増えたりして、生活にどんどん制限がかかってきます。

 

なので、あまりひとりで我慢していないほうがいいです。

 

まだ病院行くほどじゃない。。

薬とかのむの嫌だし。。

 

ということでお悩みでしたらぜひ気軽にご相談ください。

 クラシカルホメオパシーは、パニック、不安に向いています。

 

*ご参考に、私の場合を書きました。ご興味あればどうぞ↓

10年間苦しんだパニックがホメオパシーで完治:私の場合

 

*パニックや不安がホメオパシーでどう改善するのか、詳しくはこちらに書いています↓

パニック障害・不安とホメオパシー【3人の実例をご紹介】

 

*30分無料電話相談もあります。ご質問があれば、気軽にお問い合わせくださいね→ お問い合わせ

 

ホメオパシーって何それ?という方は、こちらをご覧ください↓

薬にたよらずに症状が改善する仕組みがスッキリ分かる!ホメオパシー無料メール講座

 

薬に頼らずに症状が改善する仕組みがスッキリ分かる!クラシカルホメオパシー入門メール講座
おすすめ記事 最新記事
  1. それぞれの個性
  2. 生物
  3. ホメオパシーセルフケア
PAGE TOP