ブログ

よくわからないホメオパシー:シンプルに整理

【この記事を書いた人】横浜のクラシカルホメオパス山田千鶴子。自身のパニック障害がホメオパシーで完治。2010年よりホメオパス。不安、鬱、IBS、イライラ、更年期、PMS、不妊、頭痛、痛み、花粉症など多くのクライアントさんをサポートする。詳しいプロフィール

このごろ時々ホメオパシーという言葉を聞くけど、ほんとのところどうなの?

いいの?怪しいの?インチキなの?ほんとに効くの?ヘンな事件があったらしいけど?高いの?自分でつかえるの?ホメオパシー好きの医療従事者もいるのに、拒否反応の医療従事者もいるのはどうして?

 

となんかもうぐちゃぐちゃして、わからない。。

という方のために、どう整理して考えたらいいのかヒントを書きます。

 

わかりやすいように以下の視点で単純化して書きますよ~。

 

  1. 良いホメオパシーと悪いホメオパシー
  2. 自分で使うホメオパシーと専門家に相談するホメオパシー
  3. 医療従事者の分かれる反応
  4. 値段問題

 

1.良いホメオパシーと悪いホメオパシー

これ、ものすごく単純化して書いてますからね~。

世の中に完全な悪も完全な善もないと思いますがあえてシンプルに。

 

どういうことかというと、過去にホメオパシーが絡んだ悲しい事件があったことは事実です。

ビタミンK事件

 

でもそれは、「ホメオパシー」のせいではなく、「ホメオパシーの間違った使い方」のせいです。

 

そこを区別してください!

 

例えば、ある日あなたが買ったケーキがまずくても、「ケーキってまずいものね。もう2度と食べない!」とはならないでしょう?

ケーキというものがまずいのではなく、そのお店のケーキがまずいだけの話です。

 

ホメオパシーはまだ日本では確立された存在ではないので、ひとつの事件がホメオパシー全体とイコールにされてしまう。

そこが非常に残念です。

 

 

言っておきますが、

とりあえず、現代医療を否定するホメオパシーはダメです!

 

せっかく発展してきた現代医療。

そのいいところを使わないなんて愚かすぎる!

そして危険すぎる。

もっと謙虚に安全に!

 

その基本をおさえていないホメオパシーの使い方は、間違っています。

 

 

2.自分で使うホメオパシーと専門家に相談するホメオパシー

 

自分で使うのはセルフケアと言います。

専門家に相談するのは、ホメオパスと言われる専門家とセッションをしてレメディを選んでもらうやり方です。

 

ホメオパシーの使い方にはこの2つがあります。

それが、日本ではごっちゃになっている気がします。

 

整理しますね。

1)セルフケア:一時的な症状(急性症状と言います)に。

風邪、熱、ケガといったタイプのもの。あと一時的に飲みすぎた~とかの場合ですね。

 

2)ホメオパスに相談:慢性のずっとある症状や心の問題に。

こちらについては、セルフケアはお勧めしません。

 

私がやっているクラシカルホメオパシーでは、不調がたくさんあってもあなたという全体に対して1つのレメディしか使いません。

 

心も体も環境もすべてを見て全体的判断をしなければいけないので、正直言ってこれはセルフケアではムリです。

相当な専門知識が必要です。

 

 

この急性と慢性の切り分けがうまくできていないケースが多いです。

 

ホメオパスに相談すべき慢性症状に対して自分であれこれレメディを使ってしまう。。

 

そうするとどんどん混乱するばかりで「ホメオパシー、効果ないじゃん・・」ということになるわけです。

 

 

多くの方が、使いみちを間違えているのです。

 

例えて言えば、セブンイレブンの食べ物と一流レストランを混同している感じ。

 

セブンイレブンは「開いててよかった」(笑)という通り、便利な日常づかいです。

 

そして一流レストランは、ちょっと気合いれて大事なときに行きますよね?

 

それと同じです。

 

 

セルフケアとホメオパス相談、

この2つをきちんと使い分けられると、もっとホメオパシーの良さがわかっていただけると思います。

ホメオパシーセルフケアの注意点

 

 

3.医療従事者の分かれる反応

医療従事者の方は、自然療法にとても興味を持つ方と、一切受け付けない方とふたつに分かれているようです。

 

どちらも、もちろん患者さんのことを思ってのことでしょう。

自然療法が好きな方は、ずっと病院で働いてきて、慢性病が結局治らないじゃない。。ということに気づかれるのだと思います。

 

ホメオパシー拒絶派の方は理論派なのだと思います。

薄めすぎて分子も入っていないレメディなんてものが、作用をもつはずがないじゃないか!ということですね。

 

実際間違った使い方をした不幸な事件もあったので、ますます患者の安全第一で反対されているのだと思います。

 

人間はやっぱり自分の目で見たことしか信じられないので、反対される方がいるのはしかたないと思います。

 

安全で効果的なホメオパシーが地道に広がっていくなかで、そのうちホメオパシーにしかないメリットがわかっていただけるといいなあと思っています。

 

4.値段問題

ホメオパシーはいいのかもしれないけど高い。

そう思っている方は多いかもしれません。

 

これも2つに分けて考えます。

1)セルフケア

これは、正直値段だけ単純に考えても安いと思います。

最初に少し勉強する必要はありますが、レメディじたいは安いものです。

(ピンきりですが、安いものなら数百円の世界です)

 

セルフケアセミナー、ネットで受けられます。ご興味あればチェックしてみてください↓

直近のセミナーとイベント

 

 

2)ホメオパスに相談

これは正直高いです。

日本は健康保険が素晴らしく普及しているので、みんなタダ同然で病院に行くことに慣れている。

 

なのでそれと較べちゃうと、おそろしく高く感じると思います。

 

ただ、手に入るものも凄いです!

 

自分の健康を人や薬にゆだねてしまうのではなく、自分で自分の健康を管理できるようになります。

特にこれからの時代、新型コロナだけではなく色々な新しい病気がきたときに、最終的に一番頼りになるのは自分の免疫力です。

 

その最強の武器を自分の手に取り戻し、新しい自分になるということを考えれば、私はホメオパシーのセッションくらい少しも高くないと思います。

 

ただ、このへんはもちろん個人の価値観しだいなので、私がとやかくいうことではありません。

 

それぞれ自分の価値観に照らして考えていただければいいことだと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか~?

どう考えたらいいか、少し整理されたようであれば嬉しいです♪

 

ホメオパシーについて具体的にもっと知りたい方は、コチラをどうぞ↓

クラシカルホメオパシーがスッキリわかる無料メール講座

 

ズームで気楽にご参加いただけるワンコインお話会やセミナーもやっています→最新情報はコチラ

薬に頼らずに症状が改善する仕組みがスッキリ分かる!クラシカルホメオパシー入門メール講座
おすすめ記事 最新記事
  1. 生物
  2. ホメオパシーセルフケア
  3. 嬉しそうな犬
PAGE TOP