ブログ

ホメオパシー|昔からあるレメディだけで十分な理由

【この記事を書いた人】横浜のクラシカルホメオパス山田千鶴子。10年苦しんだパニック障害がホメオパシーで完治。2010年よりホメオパス。心身の問題に悩む多くのクライアントさんをサポートする。詳しいプロフィールはこちら

月に1回、ズームでクラシカルホメオパシーのお話会をしています。

(ご興味ある方は、直近イベントの予定をご覧ください)

 

そのお話会で、先日興味深い質問をされたのでそれについて書きます。

「クラシカルのレメディだけで、本当に足りるのでしょうか?」という質問です。

 

 

少し解説しますと、

私が行っているクラシカルホメオパシーというのは、200年前にホメオパシーを発明したドイツの天才医師ハーネマンが提唱した方法で行うホメオパシーです。

 

プラクティカルなど他の流派との一番大きな違いは、クラシカルホメオパシーでは1度に1種類のレメディしか使わないということです。

 

 

もうひとつ、クラシカルではない流派では色々な新種のレメディを使っているようです。

放射能対策レメディなど、現代の問題に合わせて作られた新しいレメディですね。

 

 

 

で、そのご質問の意図はこういうことです。

200年前と現代では、社会も環境も全然違う。新しいストレスが増えている。

それなのに、200年前のクラシカルのレメディだけで本当に足りるんでしょうか?

 

 

なるほど~。

確かに、そうですよね。

もう環境も社会も全然違うのに、同じでいいのか?

そう思うのは当然です。

こういう新鮮な質問を聞いていただけるというのも、お話会のありがたいところです♪

 

 

そしてお答えですが、

「はい、クラシカルで使っているレメディだけで十分です」

 

 

どうしてか?

 

レメディは原因で選ぶわけではない

それは、レメディは原因に対して選んでいるわけではないからです。

レメディは、原因ではなくそれに反応している人、その人全体に対して選びます。

 

 

食品添加物、放射能、電磁波、コロナ、パワハラ、ブラック企業。。

見回せばこの世はストレスだらけ。

 

 

そしてここからがホメオパシーの肝ですが、

同じひとつのストレスに対して、人がどう反応するか。

どう対処してとりあえずサバイバルしようとするか。

そこが一人一人みんな違う。。

 

 

レメディは人間の反応の型で選ぶ

個人の反応の型を見て、その人の波動に合ったレメディを選ぶのがクラシカルホメオパシーなのです。

 

 

同じ一つの食品添加物をとったとしても、

それによって胃腸系の症状を出す人もいる。

毒素がたまって頭痛を出す人もいる。

イライラとか落ち込みとか感情的な症状を出す人もいる。

 

 

これが個性です。

一人一人みんな違う反応の型です。

 

 

そして、この心身のストレスに対する反応の型は、200年前からそれほど変わっているわけではないのです。

 

 

逆にいえば、人間がストレスに対して対応する手段はある意味かぎられている。

 

胃腸系で対応するタイプの人は、どんなストレスが来てもとりあえずまず胃腸系の症状を出すでしょう。

何があってもすぐ胃が痛くなる人、いますよね?

 

 

だから、そのストレスが、火をおこすのが下手ですぐ火が消えるので、いつも食べ物が生焼けだ(いきなり原始人の生活を想像してみました。合ってるかどうかわかりませんが 笑)というのでも、

 

 

コンビニで添加物の塊みたいなお菓子を毎日食べているというストレスでも、人間はそれほど違う反応を出すことができるわけではないということです。

 

 

もちろん、レメディを選ぶときにその原因も考慮にいれますが、でも第一優先はやっぱりそこではありません。

 

 

クラシカルホメオパシーが見ているのは原因(あるいはトリガー)ではなく、それを受けての人間一人一人なのです。

 

 

 

それから念のために言っておくと、クラシカルホメオパシーにはすでに3000種類のレメディがあるのです!

 

だから、あえて放射能レメディとか、〇〇用レメディを作る必要がない。

と私は考えています。

 

 

厳密な科学的プロセスで作られるレメディ

それからもうひとつのファクター。

本来新しいレメディを登録するときは、とんでもなく厳密な、気が遠くなるような科学的手順を踏んで実験を繰り返します。

そして過去200年、世界中のホメオパスたちがそれを確認し、追記してきたデータの集積があります。

 

 

新しいレメディを作るときに、それと同じことを現代の社会状況でできるのかな?という疑問もあります。。

 

 

 

ただし、たしかに200年前より現代のほうがあらゆる意味でストレスは増えているでしょう。

ですから、レメディを摂る頻度を昔よりは上げていく、という対応は必要になるかもしれません。

 

 

人間はどんどん進化を続けていると思うので、もしかしたら新しいストレスに対する新しい対応方法がそのうち進化の過程で生まれるのかもしれません。

 

 

でも少なくともあなたと私が生きている間は、クラシカルホメオパシーのレメディだけで十分!と思っています。

 

 

クラシカルホメオパシーって何?

と思われた方はクラシカルホメオパシーがスッキリわかる無料メール講座をどうぞ。

 

 

薬に頼らずに症状が改善する仕組みがスッキリ分かる!クラシカルホメオパシー入門メール講座
おすすめ記事 最新記事
PAGE TOP