ブログ

冷水より常温の水のほうが体にいいってほんと?

【この記事を書いた人】横浜のクラシカルホメオパス山田千鶴子。自身のパニック障害がホメオパシーで完治。2010年よりホメオパス。不安、鬱、IBS、イライラ、更年期、PMS、不妊、頭痛、痛み、花粉症など多くのクライアントさんをサポートする。詳しいプロフィール

 冷たい水と常温の水。

 さてどちらが身体にいいでしょう?

 

 

あなたの答えはどちらですか?

冷たい水?

常温?

 

 

きっと多くの方が「常温」と答えるのではないでしょうか?

 

 

でも実はどちらも正解で、どちらも間違いです。

 

人によっては常温のほうが身体にいい(たしかに人数的にはこちらの方が多いでしょうが)。

 

でも人によっては冷水のほうが身体にいいのです。

 

 

 

ホメオパシーのセッションでは色々と不思議なことを質問します。

クライアントさんのお悩みは、自信がないということなのに

 

「好きな食べ物はなんですか?」とか

「水はよく飲みますか?」とか質問したりします。

 

 

「どんな温度の水を飲みますか」と聞くこともあります。

 

すると

非常に多くの方が「常温です。冷たいのは身体に悪いですから」とおっしゃるのです。

 

 

実は私もホメオパシーを勉強する前はそう思ってました。。

冷たい水は身体を冷やすから良くない。

 

これ、テレビの健康番組とかでさんざん聞いてきたので、日本人みんなのなかに染み込んでいる気がします^^;

 

 

もちろん、それも真実なのですが、

こういう「世の中の常識」の問題点は、一般論を「絶対的真実」みたいに言っているところです。

 

 

シンプルに言い切ったほうが伝わりやすいからでしょうけれど

こういうのをそのまま信じてはいけません。

 

 

 

人によっては冷水のほうが身体にいいのです。

 

例えば、ホメオパシーのレメディでフォスフォラスというものがあります。

レメディって何?

 

とてもエネルギーの高い人に合うレメディです。

 

フォスフォラスの人というのは、身体の中がガンガン燃えている。

だからエネルギッシュなんです♪

 

 

そして冷たい水をゴクゴク飲むという特徴があります。

身体の中がいつも燃えているので、冷却するための水が必要なんですね。

 

必要だから冷水を飲んでいるのです。

 

 

 

フォスフォラスというのは子供にもよく使うレメディです。

 

子供はフォスフォラスの状態になりやすいということですね。

 

でもお母さんたちはよくこうおっしゃいます。

「この子冷たいものが好きで。。

身体に悪いのであまり飲ませないようにしているんですけど」

 

 

いやいや、お母さん

その子にかぎっては冷たい水を飲ませてあげてください。

冷水が必要な身体なんです。

ということです。

 

 

ホメオパシーは徹底的に個人を見ます。

だから「これが正しい、あれが間違い」ということがありません。

 

 

その人が一番うまく機能する水、

その人が一番うまく機能する食べ物、

その人が一番うまく機能する行動様式をとればいい。

 

ということです。

 

 

以前、小学生の男の子のセッションをしたことがあります。

その子はなんと

1時間半のあいだに、冷たい水を大きなコップで5杯~6杯飲んでいました。。

 

他の特徴も合わせて、典型的なフォスフォラスのエネルギーあふれる男の子でした♪

 

 

ホメオパシーは個人を最適化します。

 

ホメオパシーのセッションをして今の状態に合うレメディがわかると、今のあなたをベストに機能させる環境がわかります。

 

また、どんな環境やモノに影響を受けやすいかもわかります。

 

結構便利なライフスタイルガイドにもなると思います♪

 

 

ホメオパシーって何?という方はコチラをどうぞ↓

クラシカルホメオパシーがスッキリわかる無料メール講座

薬に頼らずに症状が改善する仕組みがスッキリ分かる!クラシカルホメオパシー入門メール講座
おすすめ記事 最新記事
PAGE TOP