ブログ

世界最新の太らないカラダ:潜在意識を変えるホメオパシー

【この記事を書いた人】横浜のクラシカルホメオパス山田千鶴子自身のパニック障害がホメオパシーで完治。2010年よりホメオパス。不安、鬱、IBS、イライラ、更年期、PMS、不妊、頭痛、痛み、花粉症など多くのクライアントさんをサポートする。詳しいプロフィールはこちら

「世界最新の太らないカラダ」という本を読みました。

おもしろくて、感動です!

新大阪に行く新幹線の中で一気読みしてしまいました。

体重管理に興味がある方には、お勧めです!

膨大な最新データ

著者のジェイソン・ファンは、腎臓病の専門医です。

なぜ、腎臓病専門医が肥満の本を?と思いますよね。

 

なぜかというと、透析患者の治療をしながら、「腎不全の最も多い原因が、2型糖尿病である」ことを発見したからだそうです。

悪くなってしまった腎臓に対処する対症療法だけではなく、そもそも深刻な腎臓病にいたる、その大元から解決したいという思いで、肥満の研究を始めたらしいです。

動物を使った研究ではなく、人間で実証されたこと、質の高い論文のみを参考とした、と書かれています。(巻末の参考文献の数、すごいです)

3つのキーワード

とにかく、情報ぎっしり、理論満載なので、人それぞれ感じる部分は違うと思いますが、私がほー!と思ったのは、次の3つのキーワード

  • インスリン
  • インスリン抵抗性
  • 体重の設定値

このキーワードで、長期的ダイエットに成功する人が少ない理由がわかりました。

 

ダイエットって、一か月くらいは、たぶん誰でもできますよね?

気持ちが燃えているので。

でも途中から続かなくなる……

それは、ホメオスタシスに逆らっているからです。

ホメオスタシス

この本を読んで再確認したのが、人間にはホメオスタシス(恒常性)がある、ということ。

とにかくいつも、「今と同じでいたい」という、人間の強烈な傾向です。

 

だから、体重にかぎらず、ひとが変わるのは難しい。

マインドでどんなに変わろうとしても、潜在意識と体が全力で抵抗してくるからです。

ダイエットも、たぶん1か月くらいは、マインドで引っ張れるでしょう。

でも、同じテンションをいつまでも保つのは大変だし、途中から、現状維持派の体さんが、猛烈に反撃してくる。

そこを、マインドだけで乗り切るのは、非常に難しいです。

そのあたりで、多くの人がくじけます。

 

この本の凄いところは、体の「現状維持の基本設定」のメカニズムが書いてあるところ。

そして、その基本設定そのものを変える方法が、書いてあるところです。

 

これがどうしていいかというと……

ダイエットの途中で絶対にある、くじけるできごとがあった時に、「あー、今までの努力はなんだったの?!」と思う必要がないということです。

何か途中でイベントがあって、体重が少し戻ってしまったとしても、「体自体のコアな基本設定を変える」というプロセスは進んでいるわけで……

アップダウンに揺らがない

だから、体重のアップダウンが多少あっても、いちいち気持ちが揺らがない。

小さな体重の上下はあっても、全体として、体のコア設定が良い方向に着実に進歩し続けている、と思えるからです。

 

あら、書いていて、なんだかホメオパシーのことを思い出してしまいました。

「小さなアップダウンはありながら、全体として改善のラインに乗っている」というのは、私がいつもクライアントさんに言っている「自然治癒のプロセス」です。

 

ちょっと話がそれましたが(^^;

自然治癒とおなじ道のり、ということを考えても、非常にまっとうな本という気がします。

 

日々の暮らしのなかで、イベントは色々あります。

そういう時までストイックな気持ちを貫くのは難しい。

というか、ストイックにやるから、ムリを重ねて、ある日突然、糸がぷっつり切れるのだと思います。

 

体重管理は、自分を変えること

ダイエットは、もっとも身近な食事という習慣を変えていくことです。

 

とにかく安全第一。現状維持が第一優先の潜在意識があるので、習慣を変えるのは難しいです。

 

自分を変えたい方、ホメオパシーも強力なツールのひとつですよ。

ホメオパシー? 何それ?という方は、こちらをご覧ください→ホメオパシーとは?

ホメオパシーのことがよくわかる無料メール講座もあります。

 

薬に頼らずに症状が改善する仕組みがスッキリ分かる!クラシカルホメオパシー入門メール講座
おすすめ記事 最新記事
  1. それぞれの個性
PAGE TOP