ブログ

悲しみ、喪失の特効薬レメディ:十二番目の天使byオグ・マンディーノ

【この記事を書いた人】横浜のクラシカルホメオパス山田千鶴子。自身のパニック障害がホメオパシーで完治。2010年よりホメオパス。不安、鬱、IBS、イライラ、更年期、PMS、不妊、頭痛、痛み、花粉症など多くのクライアントさんをサポート。詳しいプロフィールはこちら→プロフィール

ホメオパシーには、深い喪失と悲しみの特効薬ともいえるレメディがあります。

愛する人を失ったあまりの悲しみに、突然世界が崩壊する……

 

ちょっとした悲しみなら、一晩寝れば気分を持ち直すことができる人もいるでしょう。

ひきずるタイプの人だったら、1週間、1ヶ月と泣き暮らすかもしれません。

 

でも、人には自然治癒力があるのでやがて少しずつ生きる力を取り戻していきます。

いつか必ず立ち直れます。

 

 

けれども、あまりに深い悲しみだったら……

あまりに激しい喪失のとき、人はいつまでたっても立ち上がることができなくなります。

 

それは、激しすぎる悲しみと喪失感で、生命力がバラバラになってしまったからです。

自然治癒力を指揮しているのは生命力です。

 

人間を統合し機能させるトップである生命力が崩壊しているので、いつまでたっても自然治癒がスタートしません。

 

十二番目の天使

最近、オグ・マンディーノの【十二番目の天使】を読んで、そのことを思いました。

 

オグ・マンディーノは、世界的に有名な人生哲学の作家です。

人生哲学といってもつまらない教訓が並べてあるわけではなく、読者をひきこむ小説のかたちになっているところが、人気の秘密かもしれません。

出版社によれば、2001年に日本で翻訳が出て、94万部突破のベストセラーになったそうです。

 

以下、アマゾンに書いてあった「商品説明」を引用しますね。

仕事で認められ、家族にもめぐまれ、人生の最高潮のときを迎えていたジョンに、ある日突然、愛する妻と一人息子を事故で失うという悲劇が襲う。
ひとりぼっちになった彼はその日から生きる気力をなくし、自殺を考える。
そんな彼に親友ビルはリトルリーグの監督を依頼する。
それは彼を立ち直らせたいと願う親友ができる精一杯のことだった。
そのチームがかつて自分もプレーしていたことがある「エンジェルズ」であると知り、彼は監督を引き受けることにする。
彼が率いる「エンジェルズ」には、ヘマばかりする一人の小さな少年ティモシーがいた。
ボールは取れない。ヒットも打てない。まったくチームのお荷物であった。
しかしジョンはその少年ティモシーが気になってしかたがない。
息子にそっくりだったからだ。
ティモシーはへたくそなのに、逃げ出すことなく必死にプレーを続ける。
いつも精一杯走り、精一杯バットを振る。
いつしかティモシーの「うまくなりたい」「あきらめない」という純真無垢な気持ちが、チーム全体の雰囲気を変えていく。
チームはひとつになり、ついには決勝戦まで突き進むことになる。
ジョンはティモシーとのふれあいで次第に生きる勇気を取り戻しつつあった。
でもそんなティモシーには絶対人に知られたくない秘密があった・・・

 

ジョンの世界崩壊と再生の物語です。

ジョンはリトルリーグで救われました。

ある意味、ティモシーがジョンのレメディだったのでしょう。

 

けれども、もしホメオパシーのレメディものんでいたらもっと速やかに治癒のプロセスがスタートしたと思います。

 

突然の事故や病気や犯罪で最愛の家族を失った人のニュースを見ると、いつもこの先遺族はどうやって生きていくんだろうと思います。

特に、子どもを失った親の悲しみは一生癒えることはないでしょう。

 

それでも人は生きていく。

崩壊した生命力をかき集め、最初の1歩を踏み出す手助けをホメオパシーはすることができます

 

ホメオパシーがもっと有名だったら、きっともっとたくさんの人を救うことができるのに。。と思います。

まわりに喪失から立ち直れない方がいらしたら、ホメオパシーのことを教えてあげてください。

ホメオパシーって何?という方は、こちらをご覧ください→ホメオパシーとは?

ホメオパシーのことがよくわかる無料メール講座もあります。

薬に頼らずに症状が改善する仕組みがスッキリ分かる!クラシカルホメオパシー入門メール講座
おすすめ記事 最新記事
  1. 生物
  2. ホメオパシーセルフケア
  3. 嬉しそうな犬
PAGE TOP