ブログ

人間だけ特別ってちょっと変|クラシカルホメオパシー

生物
【この記事を書いた人】横浜のクラシカルホメオパス山田千鶴子。自身のパニック障害がホメオパシーで完治。2010年よりホメオパス。不安、鬱、IBS、イライラ、更年期、PMS、不妊、頭痛、痛み、花粉症など多くのクライアントさんをサポートする。詳しいプロフィール

「I am~世界を変える力」という映画を見ました。

トム・シャドヤックという大成功したコメディ映画の監督(エース・ベンチュラ、ナッティ・プロフェッサー、パッチ・アダムスなど)が事故と病気をきっかけに本当の幸せに目覚めるプロセスを描いたドキュメンタリーです。

 

 

7~8年前の映画なのですが、ホメオパシーと通じる部分もたくさんあり深く心に響きました。

 

 

トム・シャドヤックが、精神世界、科学、生物、物理など色々な分野のリーダーたちを訪ね歩いて話をきくという形になっていますが、最初の頃に誰かが言っていた例がまずシンプルだけど衝撃的でした。

 

 

人間は機械じゃない

 

機械は、全部分解しても、元通り組み立てればまたちゃんと機能する。

でも、犬をバラバラにしたら、どんな凄腕外科医が元通りにつなげても犬はもう二度と吠えない。

 

それなのに、現代社会は人間を機械と同じように扱っている。

 

 

 

これ、当たり前ですけど、可愛い動画の力もあってガツーンと来ました。

 

 

ここに、機械と命あるものの違いがある。

機械というのは人間が作ったものです。

 

 

限られた叡智しかない人間が作った機械と、神(というか宇宙というか大いなる意識というか)が作った生物には天と地の差があるということです。

 

 

だから、本来人間を治せるのは自然治癒力しかないわけです。

だって、人間は人間が作ったんじゃないですからね、ほんとはわかんないんですよ。。

 

よそのだれかが作った大傑作をなおせと言われても、困りませんか?(笑)

 

 

人間は機能とか構造とか狭い知性で判断できる小さな存在じゃない。

もっとずっと大きな存在なんですよね。

 

 

 

なんで人間だけ特別なの?

 

それから、もうひとつ映画で印象的だった言葉は、

「必要以上のものを欲しがる人間は、心の病にかかっている」

 

心の病、というところでトム・シャドヤックは自分のかつての写真を出していました。

プライベートジェットの前に立つ自分の姿です。

(事故にあう前のトムは、ビバリーヒルズに豪邸を何軒ももち、プライベートジェットを乗り回していたのです)

 

 

登場した博識者の一人(名前忘れた^^;)がわかりやすい例えを言っていました。

「例えば冬に寒い森の中を、裸で一人ぼっちで歩いているとします。

雨も降っている。

ものすごく寒くて惨めで不幸でしょ?」

 

「でもそこで誰かがドアを開けて、温かい家に迎えてくれて暖炉のそばに座らせてくれて毛布とスープをくれたらものすごく幸せな気持ちになる。

人は、物によって一瞬で幸福になるんです! これは真実。」

 

 

「ただ、真実じゃないのは、少しの物質で幸福になるなら、その10倍、100倍と物が増えたら、幸福がどんどん大きくなって永遠の至福が手に入るという考えです」

 

 

なんてわかりやすいたとえでしょう。

 

20億ドル持ったからといって、人は10億ドルの2倍幸せになるわけではない。

 

 

それなのに、

人はそれが幸福につながるかどうかも考えず、ひたすら溜め込もうとする。

 

 

自然界の動物で自分が必要とする以上に餌をとるものはいない。

それをすると絶滅するから。

人間だけがそのルールを破っている。

 

 

だから貧富の差や世界や地球の問題が生まれる。

 

 

本当は人間だって生物のひとつにすぎないし、遺伝子的にも多くの動物とほぼ同じなのに、なんで人間だけこんなに特別なことになっちゃっているんでしょう?

 

 

自分たちだけ特別な存在という意識がしみついて(私の中にももちろんガンガンにあります)そのために逆に不幸になっている。

 

ほんとうはもっと豊かで幸せなふつうの生物としての生き方もできるのに。。

 

 

 

考えてみれば不思議なことです。

 

 

 

物質的豊かさを追求することについては、もちろんこの映画のいうとおりでしょう。

自分に必要な量だけ得て満ち足りれば、地球上のすべての人が満ち足りるということはその通り。

 

 

 

でもそう思えない人、物質的なものを追求したい人はとりあえず追求してみればいいと思います。

 

「こうあるべき」みたいな善悪の基準に自分を合わせてムリをするのはもっとよくないので。

 

 

善悪ではなく、自分がほんとうにそれで幸福になるかどうかを判断基準にすればいいと思います。

 

 

 

一度やってみる、というのも大事かもしれませんよね。

一度やってみたら全然幸せじゃない自分に気がついた。。

 

というところから、本当に自分が幸せになるものが何なのかがわかってくるのかもしれません。

 

もしかしたら、新型コロナで強制的にある状況になり

そのことによって、「あれ?」

と、自分の本当の気持ちに気づいている人もいるかもしれません。

 

 

とにかく、俯瞰して考えてみるとほんとに不思議なことだなあとあらためて思いました。

 

 

人間はどうしてこんなに「自分たちだけ特別」と思うようになってしまったのでしょう?

生物としてのあり方を大きく逸脱しているから、病気の人や不幸な人が増えているのだと思います。

 

 

 

人間は自然の一部。

宇宙の一部です。

 

 

でもグッドニュース♪

 

今、世の中が本当に大きくシフトしているのを感じます。

(誰よりも、自分自身のなかに大きな変化を感じます)

 

 

もっと自然に。

もっと幸せになる時代が来ているように思います。

 

 

だから不調になったときも、まずは自然の中にあるエネルギーであるホメオパシーで波動的に調整する・・・というのも、時代の流れに合っていますね。

 

 

ホメオパシーが何かよくわからない方は、こちらをどうぞ↓

クラシカルホメオパシーがスッキリわかる無料メール講座

 

 

薬に頼らずに症状が改善する仕組みがスッキリ分かる!クラシカルホメオパシー入門メール講座
おすすめ記事 最新記事
  1. 生物
  2. ホメオパシーセルフケア
  3. 嬉しそうな犬
PAGE TOP